団体信用生命保険の代わりにチューリッヒの収入保障保険に加入した理由


こんにちわ。

前回の記事では、住宅ローンの契約時には団体信用生命保険(以下、団信)のコストも考えた上でローン契約先を決めないと損をする可能性があることを紹介しました。

前回記事:団体信用生命保険はかなり高い!!住宅ローンは金利だけで判断してはダメです。

しかし、団信は非常に高い!!

<条件>

  • 借入額:3,000万円
  • 金利:1.12%、
  • 返済方法:元利均等
  • 返済期間:35年

総支払額2,043,300円

でも、この費用を抑える方法があります!!

収入保障保険 ご存知ですか?

収入保障保険とは?

収入保障保険とは、契約者が死亡したり高度障害等となった場合に、毎月定額で保険金を受け取ることができる保険です。死亡・高度障害となった時期が契約期間の後であればあるほど、保険金の総受取額は少なくなります。こんなイメージですね↓↓

例えば、30歳で加入、満期60歳、死亡した際の保障を毎月10万円、35歳で死亡したと仮定すると、

10万円×12か月×25年=3,000万円 の保険金を受け取ることができます。

この保険金受け取りの仕組みって、団信の代替として使えるんですよ!!

SPONSORED LINK

収入保障保険が団信の代わりになる理由

団信のことをよく思い出してください。

そう、団信はローン契約者が死亡または高度障害になった場合、本人に代わって保険会社が住宅ローンの残高を支払う保険です。

ローンの残高は↓↓のイメージのように年々減少していきます。

この毎月のローンを収入保障保険の毎月の保険金額で相殺すれば、ローン契約者に万が一のことがあっても安心という訳です。

例えば、毎月のローン支払いが10万円で60歳に完済予定の場合は、収入保障保険の毎月の保障金額を10万円、満期60歳とすれば団信に加入する必要がなくなります。

団信と収入保障保険の総支払額の比較

気になる団信と収入保障保険の総支払額を比較してみましょう。今回は、私が契約しているチューリヒ生命の収入保障保険で比較します。

<例>

  • 借入額:3,400万円
  • 年齢:30歳
  • 金利:1.12%、
  • 返済方法:元利均等
  • 返済期間:35年

この条件の場合、毎月返済額は97,890円

収入保障保険は、毎月10万円の保険金受け取りでローン返済をカバーできることになります。

<総支払額>

団信 2,315,800
収入保障保険 1,293,600円
Δ 1,022,200円

なんと、約100万円も違うんです!!団信に入るなんて損、損

補足:収入保障保険の総支払額の計算

毎月保険料3,080円(非喫煙優良体系)×12か月×35年=1,293,600円

なお、以下の条件に該当する方は、チューリッヒ生命の収入保障保険の「非喫煙優良体系」が適用され、私の調べる限りでは他社と比較して最安値です。

  • 過去1年以内に喫煙していない
  • 最高血圧は120mmHg 未満
  • 最低血圧は80mmHg 未満

まとめ

前回の記事と今回の記事の結論をまとめます。

  1. 住宅ローンは金利だけなく、団信やローン契約時の事務手数料も考えて選ぶべし
  2. フラット35は団信の加入は任意である
  3. フラット35の場合、団信ではなく収入保障保険に加入したほうがお得
  4. 非喫煙者で健康な方はチューリッヒ生命の収入保障保険がおすすめ

以上です。お得に生きましょう!!

follow us in feedly

SPONSORED LINK

応援お願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA