VHT バンガード米国ヘルスケアセクターETFで高齢化社会の波に乗る


VDCと並んでディフェンシブETFとして知られるVHT

今日はそんなVHTバンガード米国ヘルスケアセクターETFについて掘り下げます。

VHTとは?

VHTとはバンガード米国ヘルスケアセクターETFのティッカーシンボルです。

ベンチマークはMSCI USインベスタブル・マーケット・ヘルスケア25/50インデックス

アメリカのヘルスケア機器およびヘルスケア用品を製造する企業や ヘルスケア関連サービスを提供する企業、医薬品およびバイオテクノロジー 製品の研究・開発・製造・マーケティングを主たる業務とする企業など、大型株、中型株、小型株を幅広く網羅した358銘柄で構成されるETFです。

病気をすれば必然と医薬品が必要。ということで、VDCと同じくそれほど景気に左右されない業種の企業で構成されています。

構成銘柄は?

VHTの上位10銘柄とグループ別の構成比率をバンガードHPから引用します。

ジョンソンエンドジョンソンは50年以上連続増配をしている企業であり、長期投資銘柄として非常に有名ですね。

ファイザーは2016年度の製薬会社売上高で世界ランキングトップに立っている企業です。ペニシリンの量産化に成功した企業としても知られています。

なお、VHT組入上位10銘柄のうち、製薬会社売上高世界トップ10に入っている企業としては、ファイザー以外にジョンソンエンドジョンソン、メルク、アッヴィがあります。

引用元:Answers News

製薬会社の売上高ランキングを見ても、アメリカ強し!!ですね

VHTと上位5銘柄の過去10年のチャート見てみましょう。

  1. VHT 米国ヘルスケアセクターETF
  2. JNJ ジョンソンエンドジョンソン
  3. PFE ファイザー
  4. MRK メルク
  5. UNH ユナイテッドヘルスグループ
  6. AMGN アムジェン

引用元:Yahoo!Finance

VHTは青の太線です。

2016年度の製薬会社売上高世界トップ10に入った企業が、VHTのパフォーマンスを牽引しているのかと思いきや、全てVHTより下という結果。ユナイテッドヘルスグループとアムジェンのパフォーマンスが目立ちます。

ユナイテッドヘルスグループは米医療保険最大手。保険事業と情報技術(IT)を活用した医療データ分析などの医療サービスを提供。

アムジェンは、バイオ医薬品部門では世界トップの企業で、日本のアステラス製薬と合併企業を作っています。(私は初耳の会社でした。)

VHTなどのセクターETFの魅力は、個別銘柄では見落としてしまう優良企業も取りこぼすことなく投資できる。まさにこれです。

他の業種セクターETFとのパフォーマンス比較

VHTのパフォーマンス実績は設定来9.38%、VDCは10.39%なので若干劣りますが非常に好成績です。

セクターETFのパフォーマンスを比較したチャートです。

  1. VDC 米国生活必需品セクター
  2. VHT 米国ヘルスケア・セクター
  3. VGT 米国情報技術セクター
  4. VTI トータル・ストックマーケット

引用元:Yahoo!Finance

アメリカ全体に投資しているVTIよりも遥かにパフォーマンスが良く、2008年のリーマンショックの下げ幅は小さい。VDCと同じく、まさに長期投資には最適なETFであることが分かります。

気になる経費率と配当利回りは?

経費率は0.1%です。

VDCもVGTも0.1%なのでバンガードの業種セクターとしては一般的な経費率です。

配当利回りは1.3%

同じくディフェンシブセクターであるVDCは2.92%であることを考えると低い数値です。もっと利回り高ければより魅力的なETFになるのですが、、そこだけが残念です。

高齢化社会でますます注目!!

内閣府が公表している情報によると、

世界の総人口に占める65歳以上の人の割合(高齢化率)は、昭和25(1950)年の5.1%から平成27(2015)年には8.3%に上昇しているが、さらに72(2060)年には18.1%にまで上昇するものと見込まれており、今後半世紀で高齢化が急速に進展することになる。

世界的に高齢化が加速的に進行していくということです。

高齢化が進行⇨病気にかかる人が増加⇨医療需要が増加=VHTの成長

一方で、医療費の増加は各国の喫緊の課題でもあり、予算の削減対象となっていることから国策次第ではそのパフォーマンスに影響を与える可能性が考えられます。

まとめ

素人的見解ではありますが、世界的な高齢化による医療需要の増加は明確であり、その需要を牽引していくのはVHT組み入れられている上位銘柄であることは間違いないと考えています。(スイスや英国も強いですが。特にロシュ)

VHTは今後も高いパフォーマンスが期待できる。これからもVHTに投資していきます。

まとめて読みたいこんな記事

VDC米国生活必需品セクターETFについてまとめています。VHTと同じくディフェンシブ銘柄として有名です↓↓

VDC バンガード米国生活必需品セクターETFで人口増加の恩恵を受ける

2017.07.10

VGTはディフェンシブセクターではありませんが、今後の情報技術分野の発展は加速すると考えており成長が期待されるETFです↓↓

VGT バンガード米国情報技術セクターETFで人工知能AI革新の恩恵を受ける

2017.09.18

アメリカの高配当企業に丸ごと投資できるVYM。長期投資はこれ1本でもOKだと考えています。

VYM バンガード米国高配当株式ETFはこれから長期投資を始める人におすすめの一本

2017.08.14

今後の人口推計についてまとめています。高齢化社会に関連して知って置きたい情報です↓↓

日本株?米国株?インデックス投資家はどちらに重きを置くべきかを人口推計から考える。

2017.06.17






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA