SBI-EXE-i『新興国株式ファンド』から『つみたて新興国株式ファンド』に乗り換えるメリットを徹底解説


インデックスファンドは手数料が安く、積み立て購入できる点で非常に人気があります。

私は2015年5月からインデックスファンドの積立購入を開始しています。

当初、ポートフォリオで悩んだのが新興国株式のインデックスファンド。このセクターはインデックスファンドの中でも手数料が高いんですよね。

悩んだ挙句、『三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス』を選択しましたが、手数料が更に安い『SBI-EXE-i新興国株式ファンド』に乗り換えていました。

<2015年当時の手数料>

  • eMAXIS新興国株式インデックス:0.648%
  • EXE-i新興国株式ファンド:0.4354%

 

ここに、ニッセイが低コスト競争を仕掛けた結果、どのファンドも手数料を下げる結果となり、『SBI-EXE-i新興国株式ファンド』は直近で0.3794%まで下がっています。

しかし、更に手数料が安いファンドが昨年12月に登場していました。その名は、

SBI-EXE-iつみたて新興国株式ファンド

 

ほったらかし投資が積立投資の醍醐味ですが、ほったらかしの盲点は、良いファンドが出来てきたときに気づかないところですね。


SBI-EXE-iつみたて新興国株式ファンドとは?

2017年12月6日に新たにラインナップされたファンドです。

シュワブ エマージング・マーケッツエクイティETFを投資対象としており、このETFがFTSEエマージング・インデックスに連動する投資成果を目指しています。

「間接的に新興国株式ETFに投資する」といったイメージですね。

運用にあたっては、ファミリーファンド方式を採用しています。

 

 

FTSEエマージング・インデックスとは?
英国FTSE社が算出している指数で、中国、台湾、インドなどの新興国の大型株・中型株を組み入れた株式指数です。
新興国株式の代表的なインデックスとしては、MSCIエマージング・マーケット・インデックスも有名です。こちらは韓国を組入れていますが、FTSEエマージング・インデックスは韓国を外している点が大きな違いです。

 

『SBI-EXE-iつみたて新興国ファンド』の特筆すべき点は、信託報酬(コスト)の安さです。

信託報酬は驚きの、年0.1948%

新興国株式のインデックス系のファンドでは最小コストです。

 

SBI-EXE-i新興国株式ファンドとの違いは?

『SBI-EXE-i新興国株式ファンド』も、シュワブ エマージング・マーケッツエクイティETFを投資対象としていますが、割合的には90%です。

残り10%はiシェアーズ コア MSCIエマージング・マーケッツETFというMSCIエマージング・マーケッツ インベスタブル マーケット インデックスをベンチマークとしたETFに投資しています。

こちらはファンド・オブ・ファンズ方式が採用されています。

 

MSCIエマージング・マーケッツ インベスタブル マーケット インデックスとは?
米国MSCI社が算出している指数で、小型株を含む新興国株式を組み入れた株式指数です。
MSCIエマージング・マーケット・インデックスは大型株・中型株から構成されています。

『SBI-EXE-iつみたて新興国株式ファンド』は、新興国の大型株・中型株のみであったのに対し、『SBI-EXE-i新興国株式ファンド』は小型株まで網羅されていることになります。

 

また、信託報酬の差が大きいです。

『SBI-EXE-i新興国株式ファンド』の信託報酬は年0.3794%

『SBI-EXE-iつみたて新興国株式ファンド』は年0.1948%なので、約半分のコストになっています。

 

2つのファンドの違いを表にまとめます。

つみたて新興国株式ファンド 新興国株式ファンド
運用方式 ファミリーファンド ファンド・オブ・ファンズ
投資対象 シュワブ エマージング・マーケッツエクイティETF シュワブ エマージング・マーケッツエクイティETF(90%)
iシェアーズ コア MSCIエマージング・マーケッツETF(10%)
新興国の大型株・中型株 新興国の大型株・中型株・小型株
信託報酬 約0.1948% 約0.3794%

 

どちらを積み立てるべき?

信託報酬からすると明らかに『SBI-EXE-iつみたて新興国株式ファンド』です。

インデックス系でかつ積立を行っている人は、基本的に長期運用前提のハズ。

そうであれば、信託報酬の差が約半分小さくなるという点は、大きな利点です。

 

あとは、小型株についてどう考えるかです。

大型株・中型株のシュワブ エマージング・マーケッツエクイティETFと小型株を含むiシェアーズ コア MSCIエマージング・マーケッツETFのチャートを比較してみました。

  • 青:シュワブ エマージング・マーケッツエクイティETF
  • 赤:iシェアーズ コア MSCIエマージング・マーケッツETF

5年間のチャートですが、動きとしてはほぼ同じ。

ということは、iシェアーズ コア MSCIエマージング・マーケッツETFを10%含むか否かの両ファンドの運用益の差は、「ゼロに等しい」と言い切れる事になります。

 

よって、圧倒的に『SBI-EXE-iつみたて新興国株式ファンド』がオススメという事です。

 

まとめ

SBI-EXE-i新興国株式ファンドからつみたて新興国株式ファンドに乗り換えるべき理由
  1. 信託報酬が約2分の1(約0.3794% →約0.1948%)
  2. 運用益の差はほぼ同じ
  3. 両ファンドとも信用がおけるSBIグループの運用

 

正直、乗り換えない理由を探すのが困難なくらいです。

早めの乗り換えをオススメします!!

SPONSORED LINK







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA