WordPressのおすすめプラグインの紹介!!PS Auto SitemapでHTMLサイトマップを作成しよう


お勧めプラグイン紹介のコーナー。(そんなコーナーなかったけど

今回のプラグインは、「PS Auto Sitemap」です!!

PS Auto Sitemapとは?

自動的にHTMLサイトマップを作成してくれるプラグインです。

HTMLサイトマップとは、簡単に説明すると、サイト内のまとめページのようなもので、訪問者が一目でサイトの構成が分かるように、一つのページに過去の記事をまとめたものです。

手動で「過去の記事ページ一覧」を作成することも可能ですが、この「PS Auto Sitemap」を利用すれば自動的にHTMLサイトマップを作成することが可能です。

しかもカテゴリー毎に記事が一覧表示されます。

参考までに、このブログのサイトマップのキャプチャを添付します。

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%e3%80%80%e4%b8%80%e4%be%8b当ブログのサイトマップはヘッダーメニューにありますので、よろしければご確認ください。

では、「PS Auto Sitemap」の設定方法を解説します。

PS Auto Sitemapの設定方法

まずはプラグイン検索ページで「PS Auto Sitemap」を検索してみてください。こんなやつです↓↓

ps-auto-sitemap有効化をお忘れなく。

次に、ワードプレスの「設定」タグから「PS Auto Sitemap」を選択。

設定画面は↓↓が開きます。①~⑥までポイントとなる手順を説明します。

ps-auto-sitemap-%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e9%9d%a2


記事の一覧のみを作成したい場合は、「投稿リストの出力」を選択。固定ページ等もリスト化したい場合は他の項目も選択する。

サイトマップを作成する固定ページのパーマリンクのIDです↓↓

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%92%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e3%81%99%e3%82%8b%e8%a8%98%e4%ba%8b

出力階層制限は、表示したいカテゴリーの階層を制限したい場合以外は、「制限なし」を選択してください。例えば階層を第一階層とした場合、 親カテゴリーのみ表示され、記事名は表示されません。

「同一マップ内」を選択すると、カテゴリーと記事名が同一ページに表示されますが、「投稿を分割」を選択すると、カテゴリーのみで記事名は表示されません。

サイトマップのスタイルを変更することができます。先ほどのサイトマップのキャプチャ画像は「矢印」です。

サイトマップを作成する固定ページにHTMLモードで「<!–SITEMAP CONTENT REPLACE POINT–>」を入力します。

以上で設定完了です。

ブログ初心者、パソコン苦手の僕は以前まで手動で過去の記事の一覧ページを作成していましたが、このプラグインを利用すれば、楽にかつデザイン性のあるサイトマップを作成することが可能です。サイトマップが無い方は是非利用してみてください!!

follow us in feedly

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA