東芝が1万4450人削減。大企業に就職しても安泰とは言えないが、メリットは大きい。


COFFEEBOY 2東芝やシャープがまさかこんな事態に陥るとは、誰が予想していたでしょうか。

日経新聞の情報ですが、東芝のリストラによる人員削減数が国内外で1万4450人になったということです。

このうち、国内は8430人、海外は6020人で早期退職は3449人。

海外の大部分は解雇ということ。キビシー!!

 

大企業に勤めてるから一生安泰は過去の話。一寸先は闇でございます。

それでも、大企業に就職するメリットは大きいと思います。

大企業に就職するメリットを簡単にまとめます。

大企業に就職するメリット

1. 給料が比較的高い

やはり給料面での魅力は大きいでしょう。

サラリーマンの平均年収は400万程度と言われていますが、大企業となると700~800万程度になります。

ボーナスが無い会社や残業代が出ない会社もありますが、大企業はこれらの問題はないでしょう。

2. 福利厚生がよい

交通費、住居手当、育児休暇、介護休暇など大企業は福利厚生が整っています。

コナミスポーツクラブに行くのに、月額会員にならず1回500円で行けたり、会社の保養施設や提携ホテルに割安で泊まれるなど、数えだすとキリがないくらいの特典があります。

3. リストラとなったとしても優遇される

リストラとなっても早期退職制度を利用したり、グループ会社への異動といった措置を取ってもらえます。

また、再就職の際もブランド力が少しは買われるでしょう。(これは多分ほんの少しで、実際は人でしょうけど。)

4. 企業年金

企業年金が大きいですよね。

企業年金がある会社は全体の4割程度で、大企業場合は約8割があります。

老後まで面倒を見てくれるというわけです。

 

という感じで、やはり大企業に勤めるメリットは結構大きいです。

でも、一番はその人がどのような能力を持っているかということ。能力がある人材は会社が無くなっても他の会社が引っ張るし、そもそも起業という選択肢もあるわけです。

大企業に就職したから安泰と思うのではなく、自分のスキルをどう上げて行くかが重要ですね。

 

僕はとりあえず、このヘタクソな文章のスキル上げます!!笑

SPONSORED LINK

ブログランキングに参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA