日銀がマイナス金利導入してインデックス投資家がすべきこと


image
日銀がマイナス金利を導入しました。

簡単にいうと、これまで民間の銀行が日銀にお金を預けていた場合は、日銀が利息を払っていましたが、逆に民間の銀行から手数料を徴収することになります。
これによって、民間の銀行の預金金利も下がることが考えられます。

狙いとしては、銀行のお金を市場に引き出して、投資や貸し出し等に回して市場経済のお金の循環を良くし、景気を良くすることです。

こんな局面では、個別株のスイングトレードやデイトレードをしてる方にとっては、お金の流れの変曲点となるので、売買のタイミングは重要になってきます。

インデックス投資家はどう動くべきか?

答えは人それぞれですが、

何もせず、淡々と積立を続ける

といことが妥当な答えではないでしょうか。

下落相場で追加投資をすることもいいですが、長期で見ると今の株価がお得な買い時かどうかというと、そんなことはわかりません。

そのため、自分が決めている積立ルールの通り淡々と積み立てる。

これに尽きると思います。

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA