30代前半の平均年収の人が3,000万円or2,000万円の家を購入して暮らしていけるかシミュレーションしてみた


30代前半というと、結婚したり住宅を購入したりと色々とお金がかかる時期です。

という私も現在31歳ですが、昨年2016年に結婚し、一戸建てを購入。車も買ったし、出費が尋常じゃなかったです、、

最も大きな出費が住宅購入。頭金と諸費用合わせて950万円。本当にこの先やっていけるのやら・・・

ということで、今回は自分の資金計画シミュレーションついでに、30代前半平均年収の人が、3,000万円もしくは2,000万円の住宅を購入して、その後の生活を送れるかシミュレーションしてみました。

なお、試算にあたり、各諸条件は以下のとおりです。

  1. 試算には住宅金融支援機構の資金計画シミュレーションを使用。
  2. 世帯貯蓄500万円の場合と1,000万円の2パターン
  3. 30代前半の平均年収は年収ラボから438万円と仮定
  4. 100万円を生活防衛資金とし、残りを頭金に利用
  5. 年収上昇率は1%と仮定
  6. 住宅ローンはフラット35SのAプラン
  7. 借入期間は30歳から35年
  8. 金利は平成29年4月時点
  9. 団体信用保険加入
  10. 退職金は大卒平均の1,941万円を採用
  11. 子供は1年後に1人、4年後に2人目で小中高は公立、大学は国立。
  12. 仲介手数料、引越代は試算から除外。その他支出費は初期値を使用。
  13. 居住地は埼玉県を想定

 貯蓄500万円、子供2人予定で3,000万円の家を買う

住宅購入金額:3,000万円
頭金:400万円(諸費用込み)
借入金額:2,700万円
融資率:9割以下

試算結果は以下のとおり。

自己資金的には19万円程度余裕があるということで、一応購入できそうですね。

さて、その後の生活はどうでしょう?

グラフの説明:収入・支出グラフの収入合計はグレーで示されますが、収支が赤字の場合は赤色の四角で示されます。貯蓄残高グラフのオレンジバーは貯蓄が生活費の半分を割り込んだことを示しています。

結果は、地獄!!

貯蓄500万円なら30歳の平均以上かと思いますが、36歳から貯蓄が底をつくという展開。

3,000万円の家なんて全然買えないという悲しい結果に、、

では、2,000万円の家ならどうでしょうか?

貯蓄500万円、子供2人予定で2,000万円の家を買う

住宅購入金額:2,000万円
頭金:400万円(諸費用込み)
借入金額:1,700万円
融資率:9割以下

やはり子供の教育費が家計を圧迫。子供が中、高と重なる時には赤字に転落です。

しかし、教育ローンや大学では奨学金を利用すれば生活は成り立ちそうですね。

 

こうゆう試算をすると、親の苦労が分かります。当たり前のように小中高、そして大学と通っていましたけど、家計は火の車だったんだろうなと、、

では、貯蓄が500万円の2倍の1,000万円の場合はどうでしょうか?

貯蓄1,000万円、子供2人予定で3,000万円の家を買う

住宅購入金額:3,000万円
頭金:900万円(諸費用込み)
借入金額:2,200万円
融資率:9割以下

なんと、3,000万円の家を購入した場合、貯蓄1,000万円でも暮らしていけないという試算になりました。

30歳で貯蓄1,000万円あればかなり優秀だと思いますが、現実は厳しいんですね。

では、2,000万円の住宅であればどれくらい余裕ができるのでしょうか?

貯蓄1,000万円、子供2人予定で2,000万円の家を買う

50代で貯蓄がほとんど底をつきますが、貯蓄1,000万円あれば2,000万円の家を買っても妻と子供2人を養っていくことができるようです。

2,000万円で住宅購入となると、新築一戸建ては難しいと思いますが、中古住宅であれば可能でしょう。

まとめ

30代前半の平均年収438万円の人が、一馬力で妻と子供2人を育てるライフプランの場合、

  1. 3,000万円の家を買うには貯蓄1,000万円あっても生活していけない。
  2. 2,000万円の家を買うなら貯蓄1,000万円あれば貯蓄が底をつかずに生活できる。貯蓄500万円では教育ローンや奨学金の利用が必要。

という結果になりました。

生活に少しでも余裕を持たせたいのであれば、

  • 夫婦共働きをする。
  • 30歳までにできる限り多くの貯蓄をする。

当たり前ですけどこの2つです。

特に夫婦共働きは大きいです。お互い平均年収だとすると約900万円になります。これはでかい!!

我が家はありがたいことに妻が働いて家計を助けてくれています。妻が働かなくてもいいように、早く収入をアップさせたいと思ってます。新年度だし頑張ろっと!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA